サイト方針

 足尾の銅山は16世紀の半ばから4世紀もの間、地元のみならず日本の経済をも活性化してきた歴史のある銅山です。
 しかし、足尾に限らず鉱山の歴史はたえずスクラップ アンド ビルドの繰り返しで、その時代の歴史ある設備はそのつど消失しました。現在も同様にそれは続いています。

製錬所と地蔵岳終着駅 また、銅山の廃止により、足尾は終着駅に到着したかのように見えます。さらに公害の原点として多くのメディアでとりあげられ、負の遺産と見られるような一面もあります。
(上左写真;終着駅でもあり始発駅でもある間藤駅:2007/08/19)
(右スケッチ画:砂防ダムからの製錬所と、地蔵岳。公園の周りには荒廃した山、緑が戻りつつある山、緑濃い渓谷などの多様な景観が広がっています:2007/05/03写生)

庚申山から皇海山を望む渡良瀬橋 しかし、終着駅のみならず足尾には始発駅があり、ふるさとの山、ふるさとの川もあります。まわりを山々に囲まれていますが沢山の橋が架かり、足尾につながっています。
 今ある足尾の風景を、多くのひとに知って頂きたく当サイトを構築いたしました。足尾散策時の参考にでもなれば幸いです。
(上左写真:渡良瀬川に架かる渡良瀬橋:2006/10/09)
(上右写真:庚申山からの皇海山:2008/06/14)

コンタクト お問い合わせ

 ◎掲示板を開設しました
よろしければメッセージなど書き込んで頂ければ大きな励みになります
♦足尾の風景・掲示板
投稿お待ちしております。

 ◎このサイトに関してのコメントがございましたら
メールにて
ashio@shorebook.jp
上記ドメイン名の宛て先迄、お知らせ頂ければ嬉しいです。

プロフィール 管理人の気持ち

♣頸椎症性脊髄症の病で、頸椎椎弓形成術の手術を受け
腰部脊柱管狭窄症の病で、椎弓切除術の手術を受けました。
♣そのため約半年間、野外活動を余儀なく自粛、サイトの更新も滞ってしまいました
今後、サイトの更新がストップしたときは、このような状態に陥った時でしょう。
♣管理人の年齢が、準高齢者(65〜74)ということを考慮すれば
当サイトの存続にも限りがあるということです。が、
今は少しでも長く続けていく気持ちでいっぱいです (^^)/(記述日:2019/02/09)

サイト開設:2009年7月
制作・管理:岸本とおる